English | Site Map

脳機能改善

臨床試験で加齢に伴う認知機能低下率を測定するテストを実施し、エンゾジノールが脳の活動を向上させ、認知機能が改善することが判明しました。

認知能と脳神経機能に及ぼすエンゾジノールの効果について以下の試験で検証されました。

試験4. 神経学的認知機能に及ぼすエンゾジノールの効果に関する二重盲検比較試験
この試験は、オーストラリア、メルボルンのスインバーン大学脳科学研究所のDr. Andrew Pipingas および Prof. Rechard Silberstein によって行われました。50 – 65歳の男性被験者42名を治療群と対照群に割り付け、治療群の22名はエンゾジノール960mg + ビタミンC 120mg/日を5週間、また対照群はビタミンC 120mg/日のみを5週間摂取しました。この試験でも、高用量摂取におけるエンゾジノールの安全性と忍容性の高さが確認されました。以下のデータは、エンゾジノールが脳機能に有意な効果をもたらすことを示しています。被験者はコンピュータを使った作業を行い、短・中期間の作業記憶、集中力および意志決定力に関わる認知機能を評価しました。これらの要素は認知能を表す典型的な指標で、通常は加齢に伴い減衰します。

Improvements in Spatial Working Memory and Recognition Memory試験4.: 認知機能改善
ここに示すデータは、2つの独立した記憶タスクに及ぼす効果についてエンゾジノール+ビタミンC摂取とビタミンC単独摂取を比較したものです(n=42)。作業記憶をテストするコンピュータベース作業において、エンゾジノール群は5週間の摂取後、対照群と比較して認知スピードが有意に改善しました(p<0.05)。作業記憶とは、脳内において記憶および意思決定を同時に行う機能を指します。今回の試験によって、松樹皮エキストラクトを摂取することによって作業記憶が向上することが初めて示唆されました(Pipingas A et al. 近日公開)

Improved Brain activity試験4.: 脳内の電気的活動分析
さらにこの試験では、エンゾジノール + ビタミンC摂取が脳内の電気的活動および脳領域間の相互作用にどのように影響するのかを検証しました。分析では、エンゾジノール群では記憶タスクのある特定のフェーズにおける電気的活動にユニークな変化が見られるが、対照群にはこの変化が観察されなかったことが示唆されました。このような脳内活動の変化はタスクにおける作業の正確さに関連しており、エンゾジノール群における認知能が高まったことを表しています(Pipingas A et al. 公開準備中)






これらの所見から、エンゾジノールが認知テストにおける反応時間や、集中力または認知力に関連する脳内の電気的活動変化を改善させることが明らかになりました。勉強のストレスにさらされている学生から認知能力が衰える高齢者まで、脳機能を懸念するあらゆる年代の人々にとってエンゾジノールは有益性の高い健康食品であると言えます。

Copyright ENZO Nutraceuticals Limited