English | Site Map

心臓血管機能改善

臨床試験の結果から、エンゾジノール摂取が血管内皮機能、血漿粘度、フィブリノゲンレベルおよび最大血圧に効能を及ぼし心臓血管機能を改善することが明らかとなりました。

2件の臨床試験が行われ、エンゾジノールが心臓血管機能パラメータに及ぼす影響を検証しました。

試験1. 健常者におけるフラボノイド補助食品がもたらす臨床生化学的および血行力学的効果の試験的評価

この試験は、ニュージーランド、クライストチャーチ病院、脂質・糖尿病研究グループのDr. Bret Shand Prof. Russel Scott によって行われました。55 – 75才の健常者 24 名がエンゾジノール 480mg/日とビタミンC 240mg/日を 12 週間摂取しました。初めて正式登録された今回の臨床試験でエンゾジノールの安全性について確認されました。処置に関連する有害事象は認められず、また血糖コントロール、腎臓および肝臓機能、血漿脂質プロファイルおよび血液の定期検査値にも副作用の影響は見られませんでした。このデータによって、エンゾジノール補給は以下に示す臨床パラメータにおいて有益な効果をもたらすことが示唆されました。(試験詳細については、Phytotherapy Research Vol.17 p490 by Shand et al., 2003 を参照のこと)

Imroved endothelial function試験1. : 内皮機能と血漿粘度
この試験における心臓血管機能の測定値を見ると、内皮機能が向上し血流が改善することが示唆されました。



Reduced systolic BP試験1. : 最大血圧の低下
さらに、最大血圧が低下したことから、12週間の摂取によって心臓血管システムがより健康的になることがわかりました(Shand et al.)










試験2. 慢性喫煙者を対象としたエンゾジノールの血管内に及ぼす抗炎症および抗酸化効果に関する二重盲検比較試験

この試験は、ニュージーランド、クライストチャーチ病院の脂質・糖尿病研究グループの Joanna Young, Dr. Bret Shand Prof. Russel Scott によって行われました。この試験では 40 – 67 才の喫煙者 44 名を治療群と対照群に割り付け、治療群被験者 22 名はエンゾジノール 480mg/日とビタミンC 60mg/日を、また対照群の22名はビタミンC 60mg/日を 12 週間摂取しました。この 2 番目の試験においても副作用は認められず、すべての生化学的および血液学的パラメータは正常値を示し、エンゾジノールの高い忍容性が確認されました。このデータによって、エンゾジノール補給は以下に示す臨床パラメータにおいて有益な効果をもたらすことが示唆されました。(試験詳細については、Free Radical Research Vol.40 p85 by Young et al., 2006 を参照のこと)


Reduction of Plasma Fibrinogen Levels
試験2. : ヘビースモーカーの血漿フィブリノゲンレベル低下
この試験でエンゾジノールによってヘビースモーカーの血漿フィブリノゲンレベルが低下しました。12週間後、エンゾジノール + ビタミンC摂取群はビタミンCのみを摂取した対照群と比較してフィブリノゲンレベルが有意に低下しました[p=0.009]。データは標本平均の標準誤差(SEM)を表します。 血漿フィブリノゲン値は心臓血管疾患および炎症の重要な指標です。フィブリノゲンレベルの低下は心臓血管や炎症状態が改善したことを表します。


BP Metaanalysis
試験2&4.: 最大血圧の低下
試験
2および4(試験4についてはここをクリック)では、エンゾジノール摂取によって最大血圧が低下しましたが、統計的な有意性は見られなかったため、両試験ともメタ分析を用いて検証されました。この手法によってさまざまな角度からデータを統合、比較することができ、血圧低下の所見が正しいかどうかの判断が可能となります。この分析では、試験2の評価時期である第6週および第12週を含み、また試験4で降圧剤治療を受けた被験者を含む(+ht)あるいは除外する(-ht) としました。その結果を統合したところ、エンゾジノール摂取によって最大血圧は有意に低下するが、ビタミンC摂取による低下は見られないことが示唆されました。

これらの所見から、エンゾジノールが血管反応を改善し最大血圧を低下させ、この2つの重要な心臓血管の指標が良好となり血流促進や心臓機能の健康に効果をもたらすことが明らかとなりました。

血漿中のフィブリノゲン・レベルが低下するということはエンゾジノールが血栓の発現を抑制することを示唆し、それによって深部静脈血栓症や脳梗塞、心臓発作のリスクが有意に低減します。
Copyright ENZO Nutraceuticals Limited